突然の目眩に襲われた翌日にジョギングしてみた

良性発作性頭位めまい症になった翌日に、ジョギングをしてみたのですが、特に、異常を感じる事無くやり終える事ができました。

このジョギングは、実験的に試してみたという訳ではなく、例えば、ヨガのような動きや腹筋や背筋トレーニングのような動きは、頭を前後に振るので、もしかしたら再発するかもしれないと思ったからです。

そうなると、歩くか軽く走るか程度の事しかできないと思ったので、まずは、少し早いペースで歩きながら時々走るという感じの軽いジョギングをしてきました。

この症状自体を治すには、エプリー法を行う事で簡単に改善できるそうですが、この耳石というものが三半規管に残っているので、それが溶けて無くなり治ったと言えるまでには、2週間~1ヶ月程度必要と書いているサイトもありました。

なので、私も最低2週間は安静にしていないといけないのかと思っていたのですが、この症状の場合、あまり安静にしているのも良くないそうです。

なぜなら、あまり動かないでいると、後半規管に入り込んだ耳石が留まったままになる場合もあるそうなので、それもそれで良くないという意味だそうです。

いずれにしても、ジョギングをして症状がぶり返すような事は無かったので、そういう類の目眩ではないという事を確認する事ができました。

ジョギングをした翌日も特に異常は感じなかったのですが、普段より目眩の事を意識して生活しているからか、何となく、あの時の感覚が思い起こされて気分的に目眩のような感覚がふとやって来る事がありました。

これは、良性発作性頭位めまい症の時にも起こったのですが、頭の位置を固定して落ち着いたのに、目眩が起こるかもと意識すると、頭を動かしていなくても目眩が起こったので、それに近い事なのかもしれません。

もしかしたら、他の病気が隠れている可能性もあるかもしれませんが、エプリー法で改善したという事実があるので、ここは、判断が難しいところ。いずれにせよ、また再発して、エプリー法で治らなかったらすぐに病院に行くつもりです。